www.nexus-auto.com
VR6
こんばんは。

今日は抜け殻のような状態で出社。

これでだれるとプッツンと切れてしまうので
溜まっていた雑務をこなす。

その際、下取りしたVR6に乗る機会が。

いや~懐かしい感触だった(笑)

このAAAエンジンと出会わなかったら今のネクサスはないと言って
良いほど、過去に縁があった車なので感慨もひとしおでした。。。

まだ表に紹介もしていないですが、この車を維持していくうえで
全オーナーがお手本になるような管理をなされていた希少な車。

本当の意味でVR6の味をよくぞキープなされていたなと
こちらの方でも感動してしました。

後に2000年前半までの「面白い車の塊」時代にかなりの影響を
与えた車で、この車がなければⅣの初代R32もなかったわけで
まさにAAA型様様ですよね。

しかしMT仕様の車がこうも日本に導入されるないということは
やはり馬鹿にされているのだなという思いも(笑)

VR6はコラードで極少数MTが出ましたが、この時代の車に触ると
同時にそういう想いが湧くようにフラッシュしてきます。

今はなんだか「なにを競争(独自性)しているのかわからない」時代。

創っている方も事業計画としてはあるのだろうけれど
やはり原点は「乗って面白いくるま」ですよね。

本国では現行でもたくさんでているのに、どういうことよ・・・。

せめて限定でもいいから出せって(笑)

左Hのままなら簡単なはず。

むなしくいじけているおやじたち、多いのだろうな・・・(苦笑)
by nexus-blog | 2012-06-11 22:53 | Cars
<< 影響 燃え尽き >>