www.nexus-auto.com
インターネットⅡ
こんばんは。

今日は日曜日で忙しかったせいもあり、途中、必殺の在庫車の中での
昼寝を敢行いたしました(^^; 結果的に寒くて寝れなかったけど(笑)
何か良い方法ないかと考えております。わんわん♪

さて、突発的にはじめた企画ですが、頑張りますm(_ _)m(笑)

今回は、ディーラー側の視点から切り込んでみたいと思います。

インターネットという突如現れた媒体。
最初こそ、反応が鈍かったこの業界にもその波は訪れました。
今までは、メジャーな媒体に虫眼鏡で見るような写真等の情報だけで
皆様との接点を生み出そうとしていたわけですが、いまふり返って思うと、
よくそれでやっていたな・・・と思います(笑)

僕の会社は「やっと僕の時代が来たか!」と大きく出ちゃったせいで(笑)
シドロモドロながら最初からオリジナルで作成していました。(実際は予算が
なかった(笑)当時の企画会社は「は?」というような金額だったのだ)
その後、どの業界でもそうだったように「インターネットで売れる」という噂を
聞きつけ、色々なところが作成事業を立ち上げ勧誘してくるようになりました。

オリジナルでやりながら、それらの会社の話を聞くと、内容がよくわからない。
「これでこうやってこうすれば、あなたの会社も上場企業並みですよ♪」
僕曰く、まぁそれはよくわかるけれど、ネットで売れるというのは錯覚でしょう。
単に今までなかった情報をより多く提供できるだけであり、結果的に売り上げ
は伸びるかもしれないけれど、内容次第なんじゃないですか。

捻くれた性格の僕は、結局一社の勧誘にも乗らず(ケチ!?(笑))
行方を眺めていました。
二段ロケットでフィーバーしたHP作成業は最初こそ、でるわでるわ・・・
フラッシュを使い、CM並みに作るところも出てきて
この会社はいくら払ったんだ・・・と心配になりました(笑)

7~8年くらい掛けて、ようやくそれらも落ち着き、今に至っています。

ディーラー側も痛い目に遭いよく分かったみたいで(笑)
今は事業の幅と等身大のHPに成っていると思います。

結局のところ、ずぼらな所は、努力しないといけない作業がひとつ増えただけ
という結果になり、小規模だけれど、丁寧に事業をしていきたいというところは
ある程度注目されることになっていると思います。
それが車関係のインターネットの現況でしょうか。

僕は頑なに一匹狼的に営んできているので、インターネットという媒体を
勝手気ままにフルに活用していますが、本来は規模に応じて、内容を充実
しなきゃいけないものなんじゃないかとも感じています。

うちが出来ていないのは当たり前としても
(小規模・少人数、所謂、零細企業なので(笑))
他の大手はもっともっと、中味を充実できるはずだと思うのですが・・・

専用の社員を雇い、お客様のニーズに答える。

単純そうで何故出来ないのか。

僕はずぅ~と疑問に思っていたのですが、最近なんとなく理解できるように
なりました。

まず、
Ⅰ・車に詳しい人がやらなければいけないということ。
アルバイトを雇って写真とってコメントをささっと書いて・・・という風には
なかなかいかないのですよね。知らないと伝えられないし。
知らない人が昔と対比したコメントなど書けないというのもある。単純に
歯の浮くようなコピーは逆効果だというのもわかってきたみたいだし(笑)

次に、
Ⅱ・自助努力ではなく外注に頼ってしまっていること。
簡単になったなったといってもパソコンはやっぱ難しいので、ついつい簡単な
フォーマットのある外注業者に出してしまうこと。値段もこなれてきたし。
情報媒体へのアップ付きだからその誘惑から余計に脱せない。
Ⅰとあわせて考えると、進化しないのは当たり前になる。

最後に、
Ⅲ・業界及び企業風土の問題。
結果が全ての業界だし、回転(廃業創業)の早い業界なので、文化的なことを
しようなどという発想がまずない(笑) 売れてなんぼの世界であること。
専門の社員がシコシコと在庫紹介とかコンテンツの作成をしている姿を想像
するに、苛められるのだろうな・・・という姿を思い浮かべる(笑)
心が狭い業界なのだろうか!?(笑)

おまけ、
Ⅳ・余計なことをするとアダになる。
うちのように馬鹿みたいに写真をアップしたりコメントしたりすると
墓穴を掘る可能性があるということ。
電話だったら「現車をみて確認して下さい」で済んじゃうし(笑)
あと変な証拠を作りたくないというのもあるかもしれない。
これらの動機でしないところは極々一部だと思いますが。


ざっとですが、ディーラー側のインターネットの現況を紹介しました。
読んでいただければ分かって頂けたと思いますが、多分、皆様が欲しいという
情報が構築できていないという事情が少しは理解できたと思います。

外車→輸入車→普通の車 となっている速度と、業界の体質変化が完全に
噛みあっていないのですよね。ようは(笑)
隅っこにいるいちディーラーの立場としては、もうちょっと時間が経てば追い
付いてくるのではないかとおもっとりますが・・・

あと次節で触れますが、エンド側の情報流通が膨大すぎるため、
ビビッているというのも一因かもしれません。

今までは内々でしか知らなかった専門情報があっという間にネットに出回り、
話題になる。プロとして凄くやりづらい部分が増えているのも事実です。
その情報にいちいち対応いなきゃいけないものなのか・・・
最近、正規ディーラー店さえも箝口令をひいているところが増えているのは
Ⅳに通ずるところがあります。

お互いメリットのある場というものが果たして作れるものなのかどうか・・・
良いか悪いかという目線にしてしまうと絶対進歩しないでしょうから、
何か良い方法はないのかな・・・と日々、ぼぉ~としながら考えております(^^;
by nexus-blog | 2005-11-28 00:45 | Culture
<< インターネットⅢ インターネットⅠ >>