www.nexus-auto.com
裏側
こんばんは。

今日は二日続けての雷雨。あれっ三日か?

おかげさまで「ひな」の心は折れっぱなし(爆)
がんばって生きろよ~と励ましています。

これが世間だ(笑)


村上節がなんだか凄いことになっているらしい・・・。
既にⅠⅡで130万部だって・・・。すげー
軽くカフカを抜いたわけだ。

しかもまだ物語の序章。
神話になっているノルウェイの森を抜くのも間違いなさそうだ<450万部

業界も騒がしいみたいで・・・。
この現象をどう受け取っていいのかわからないらしい(笑)

文壇等嫌いな村上さんはさぞ大変な思いをしているだろうな・・・。

ノルウェイの森の時も凄く傷つけられた(村上節でいうと損なわれた)
というし、今頃カウアイ島あたりなのだろうか?

どこかで書いているのだろうな~


昔からのハルキストを除いて、何故今爆発なのか。

前に出したアフターダークは色々なことを言われたが
(僕は結構好きだけれど)
村上さん的言うとそれは必要だったのでしょうね。
この物語に行きつくまで。


思い返せばもう数10年だろうか(笑)

僕が最初にはまったのがやはりこの人だった。
作品は「羊をめぐる冒険」だったような気がするがあまりよく覚えていない。

映画に食傷気味だったので、その時はまさに目から鱗だった。

多分1年くらいで全部の作品を読み、以後エッセイを含め全部買っている。

そう思うと長いな・・・(笑)

マスコミではエルサレムで貰った賞の時のコメントが受けての
逆輸入現象とかいっているが、アホか・・・とおもった(笑)

日本の関係者がこんなんだから世界から笑われるのだ。

突発的にとれたノーベル物理学賞と違い、それはずっとあったのだから
もし獲れたあかつきにはどう説明するのか是非聞いてみたい(笑)

僕なりに噛み砕くと、やはりこれだけの不確実性の時代で
なにが良くて悪いかの軸がぶれちゃっているわけだから
その反動の「取りつく島現象」とみている。

多かれ少なかれみんな心を損なわれて生きている。

そんな視点からの裏側からみた作者の語り部が受け入れられている
のだろうと。

合理的に考える人にはまず受け入れるのは無理でしょう(笑)
というかそういう人たちにはどちらにせよ必要ないだろうけれど。
でも必要なく生きていけるというのはある意味素晴らしいこと。
どちらがいいのかはわからないけれど。

僕としてはこの現象を嬉しくもおもい、悲しくも思うという複雑な立ち位置(笑)

だって簡単に分かってもらってたまるかという捻くれた
気持ちもあるから(爆)

ハルキストには分かって頂けると思うが、
それは長い長い積み重ねの上でできたものですものね。

時系列的にこの人と生きてきた人と(ちょっと大げさだけれど)
掻い摘んで一つの作品をみるのとでは、数100倍は違うだろうし。

僕は海より大きな心をもった人だから(笑)
どんなところから影響を受けようがそれはそれでいいんじゃないかと
思う派なので少しでもそれがヒントになり助けになるのならば
理屈なしに良いことだと。

また次の時代に村上氏が影響された作者のように
村上氏に影響された作者が出てくるわけだし。

もうその時僕は生きていないだろうけれど
見てみたい気はする(爆)


車は・・・いいや(^^;

どうせ「フィフスエレメント」みたいになっているのだろうから(笑)
by nexus-blog | 2009-06-16 21:53 | Culture
<< おぉ 底打ち >>