www.nexus-auto.com
2008年 04月 23日 ( 1 )
警告灯
こんばんは。

昨日のBMWのトラブル。
午前中にディーラーに行き、検診。

結果、前回と同じTEバルブ(フィーエルリターンバルブ)の
「一時的なエラー」を拾ったとのこと。
(気化した燃料をタンクに戻す働きをするところです)

この微妙な表現。如何にも輸入車らしいですな(^^;

昔はからBMWはこういうセンサー系が好きなメーカー。
で、上記のようなトラブルが良く起こる。

壊れてもいないのに、一応、点く。

このような問題に悩まされている人も多かろうと思いますが
この矛盾とも思える「壁」はある意味仕方のないことかもしれません。

仮に個人の判断でリセットできてしまうリスクの方が大きいですものね。

と、大きな気持ちで書いておりますが(笑)
僕らの商売で鬼門ともいえるべき相手は、まさにこの「警告灯」系。

殆どの場合は「エラー」によるエラーなのでリセットすれば済むのですが
本当に原因のある場合はかなりしつこい相手です。

症状が出ていないのに消せない。
消し続けることも(騙すこと)もできないので
かなりの根気強い整備と時間が掛ってしまいます。

本当に馬鹿馬鹿しいことなのですが
「針の穴」レベルを探す場合も多し。

テスターにかけたヒントとは全く別のところだったり、
これらの事象にはほんと色々と勉強させられてきました・・・。

だからうちでは徹底的に乗ります。
本音では乗りたくないのに!?(爆)

あの点く時のタイミングとショックは「ゲッ」では済まされませんからね(^^;
by nexus-blog | 2008-04-23 22:48 | Cars