www.nexus-auto.com
カテゴリ:Culture( 92 )
フライング
こんばんは。

もう寒くて正月だかなんだかわからない状態(^^;

それでも挨拶回りで回ってきてくれる外注さんのタオル等の山をみて
あ~年が明けたのだな、と(笑)

今年はすぐに三連休があるのでちょっと動きづらいのだが
まぁなんとかなるだろう(笑)


先ほどネットでニュースを流し読みしていたら芥川・直木賞のことが。

僕の好きな作家のひとり真山仁氏が候補に・・・となっていたのを目にし、
すぐにアマゾンへ飛んだ(笑)

「コラプティオ」という新刊が対象みたいだがテーマとしては面白そう。
ただ、また重いハードカバーだ・・・。

仕方がないとおもいながらもプチっ。(早く読みたいから)

偶然だけれど今読んでいるのが「原発のうそ」。
言わずと知れず反対派のご本尊、小出教授の本。

今更だけれど昨日から読んでいる。

で、重なったのが真山氏が書いた「マグマ」という地熱発電に関する
本の登場人物。

要の人物が実は原発研究者だった・・・というもの(ちょっとネタばらし)

おぉ~ まさに小出教授じゃないと思わぬ繋がりに感動。

昔映画でよくあったものと同じだ(観るもの観るもの俳優がだぶる現象)

意外なところで繋がっているものなんだな~

で、他に候補は誰なんだろ?とソースを探し直したら、ない。
いくら探してもない・・・。

あれれ? 夢をみてた?(笑) と思いながら検索すると
なんと日経WEB版のフライング記事を見たらしいことが判明。

痕跡を消そうにも誰かにツイートされていたので隠せぬチョンボ(笑)

でもなんで消すまでするんだろ・・・・謎。

おかげで買っちゃったじゃんか!!(爆)

しかし最近本を爆読みしている・・・・。

楽しいけれど朝辛いっす(^^;
by nexus-blog | 2012-01-05 23:59 | Culture
あほ
こんばんは。

昨夜はたぶん寝つきが悪いんじゃないか・・・という予感が。

そう思うこと自体もうだめだったか(笑)

睡眠導入用としていつも夜に新聞を読んでから読書しているのだが
昨日、明日は休刊日となっていたので計画的に読む予定だった。

んが、案の定、切りのいいところで寝ようとしたがだめ。。。

台所に行ったり一服したりして気分転換したがだめ(笑)

もういいやということでそのまま読書続行。

結局明け方まで読んでしまった(^^;

こりゃさすがにまずい、ということで寝覚まし時計をセット。

とりあえず起きたけど止めてから一時間近く経っていた(笑)

おかげで体調バラバラ・・・

仕事きつかったっす(笑)


年に何度かこういうのがある。

どあほうとわかっていてもやっちまう。

今回は月食のせいか?(爆)

そういえばタイトルも「流星の絆」だったし・・・

しくじっちまったせいで今日は遊び道具がなにもない(^^;

これから本棚(山)とにらめっこだ・・・。

一冊くらい読み忘れているのがあるまいか(^^;?
by nexus-blog | 2011-12-12 23:52 | Culture
読了
こんばんは。

昨夜、S・ジョブズ氏の自叙伝を読了。

もうすでにたくさんの方が読んでいると思いますが
起業から今にかけてのアップルの変遷がとてもわかりやすく
書いてあり楽しめました。

かなり濃厚な本なので(ちょっと高いですが)
迷っている方にはお勧めします。

物造りを売りにする(していた?)わが国の人なんかは
特に感動するのではないでしょうか、、、。

内容を掻い摘んで紹介したいところですが
こればっかりは時系列的に理解した方がよいので
特に書きませんね(笑)

僕個人としてはかなり刺激されました。。。

いい歳のおっさんがです(^^;

なので歳に関係なくツボにはまる方には
もってこいの勇気の出る本ですので文句なしにお勧めです♪


しかしハードカバーは重いよ・・・(苦笑)

これってipadで読めるのかな?

もしそうでないとすると落ちとしては笑えるけど(笑)


また流浪の旅にでなくては・・・<本探し

とりあえず崩れ落ちそうな本棚らしき山から探しだしますか(^^;
by nexus-blog | 2011-11-12 23:11 | Culture
ガリレオ
こんばんは。

今日も引き続き絶不調(笑)

扁桃腺の腫れない風邪って何年振りだろ。

もう薬漬けで無理やり直しにかかってます(^^;(笑)


一昨日、久しぶりに東野圭吾物を読んだ。

文庫になった「ガリレオの苦悩」。

シリーズものなので安心して読めるのはいいが
今回はあんまり中身がなかったような気がする。

短編集だったからかな。

しかしこの人の執筆スピードは全く落ちないですね・・・。

どんどん新刊出すし中身は別として怪物級ですな。

しかも同じカテゴリーではないから凄い。

作家を目指している人なんかは「いいな~」とおもうのでしょうけど
本人はどうおもっているのでしょ。

インタビューとか読んだことないのでわからない。

湧いてくるのでどんどん書かずにいられないのか・・・
はたまたある程度決めて書いているのか・・・。

自伝みたいなものを読んだことあるけれど
唯一エッセイみたいなものは苦手みたいで(苦笑)

エッセイに関しては村上春樹さんがやはりずば抜けてますよね。

対称的な二人ですが、この人たちのおかげで退屈しない時間を
どれほど救われたことか・・・。

もちろん司馬さんは別格。

今日は貸してのもらった北方さんの最初の頃の本を齧る予定です。

そんなことより早く寝て風邪直せってか(^^;
by nexus-blog | 2011-10-13 22:55 | Culture
賞もの
こんばんは。

加速をつけて在庫を補充していこうとしている最中です。
こういう時期は気持ちが悪いほどお金が飛ぶ(笑)

目標は10月中に帯付きの車をなくすこと。

良い出会いはあるのだろうか?



昨日、「下町ロケット」を読了。

確か直木賞受賞作でしたっけ?

ストレートな感想としては、「この作品でか・・・」といったところ。

確かに池井戸節がでているけれど、作品として読者を楽しませる
要素が少なかったように思う。

文庫ですっと読むには最適だろうけど。

これだったら以前候補になった「空飛ぶタイヤ」で受賞した方が
誰もが納得では・・・。

文壇ってほんとよくわらない(笑)

これじゃ車のカーオブザイヤーみたいなものだな・・・。

ちょっと残念。


さて次はどれ(誰)にしようか。

久しぶりに長編でも読みたい気分です。
by nexus-blog | 2011-09-30 22:10 | Culture
沖縄
こんばんは。

沖縄行きへのBMWが無事納車となった。

御客様からも電話を頂きひと段落。ほっ。

また台風がやってきているみたいなので運が良かった・・・。
というか、やはりハラハラドキドキですね(^^;


全然関係ないのだけれど、前回ご納車したBMWのお客様から頂いた
「本」を最近読み始めている。
正確に言うと一度挫折しているので二度目(笑)

最近まったく物色していないのでちょうどいいと(^^;

琉球国からの歴史物なのだけれど
どちらにせよ知っておいたほうがですものね。

最近仕事等がいっぱいいっぱいなので
気分転換に。

今のところ出しなので凄く効く睡眠薬となっていますが(爆)


本当のところは大好きな映画といきたいところなんだが
その二時間がとれない(笑)

難しいものですな。
by nexus-blog | 2011-08-25 22:42 | Culture
ちひろ美術館
こんばんは。

GW二日目。

午前中は雛っちのお預けとホームセンターへ。

帰宅後、きったねーマイカーの給油と洗車(笑)

ここで予定時刻を過ぎる・・・。

そう今日は家人のリクエストで極近の表題の美術館に行くことになっていた。

仕方がないので車の中でサンドイッチをほうばりながら出発。


もうこの地元45年目だけれど迷子に(爆)

やっとこさみつけるも「ど混み」

まぁこれは仕方ないですな。


生前のアトリエをそのまま改築し美術館にしているところだが
お初とはまさに灯台もと暗しだ。

岩崎ちひろさんの水彩画は誰でも一度は目にしているはず。

ジブリ系とはちょっと違うのだけれど通ずるものは似ているかもですね。


とにかく混んでいたので、がっちゅ連れでは作品をまともに見れなかったが
どちらかというとその生い立ちの方が印象に残った。

興味のある方はうちの店からほんの15分程度のところなので
是非どうぞ♪

平日いけばカフェなんかもあり、いい感じのところですよ~


さて休みも後1日。

何をしましょうかね(笑)
by nexus-blog | 2011-05-04 23:20 | Culture
雑文集
こんばんは。

月末、年度末近くとあって予想外にバタバタした一日だった・・・。

未だ減り続ける在庫群・・・

焦って補充はやめた(笑)

この際売りきってみる!?

明日のR36の納車でひと段落といきたいところだが
下取り車がどっとやってくるのでその処理が結構大変そう・・・。
この作業が意外とブルー(^^;

年度末で税金の変わり目なので役所が爆発する月なので。


そんな雑多な合間に届いたアマゾンからのメール。

村上さんが新刊を出すと。

何も考えずに発注(笑) 今日帰ったら届いていた。

タイトルすら覚えていないが多分「村上雑文集」とかだったか・・・。

この人のこの手の本は、すげー面白いかハズレか極端なんだな。

好きな人には余りはハズレってないのだろうけれど。

うちの家人は小説よりもこの手の本(エッセー)が好きみたいで。

まぁわかるような気もする(笑)

話変わってこの前に新聞で蜷川さんが「海辺のカフカ」を舞台化すると
いう記事が出でいた。

意外だけれどそれによると大の村上ファンだとか。

「あたまわりーなー 春樹さんの・・・本でも読め!」といっているとか(笑)

ほんと意外な一面。


「ノルウェー~」が映画になったり、最近なんかやたら凄いですね。
※見ていないけど

昔は殆どこの手のオファーは断っていたはずの諸氏。
還暦過ぎて柔らかくなったのかな~?(笑)

そうなんだよな・・・・そういえば僕も歳をとったのだ。

気付くと怖い歳だ(爆)ほんと。

永遠の少年ってのはない!?
by nexus-blog | 2011-02-26 23:55 | Culture
抵抗
こんばんは。

今日はボーラを東北地方に送り出し、ひと段落。

地域によっては大変なんだと知った<届けるの

これからは降雪なんかでもっと大変なんだろうな~


で、昨日の続き。

一応本好きにとっては電子化は無視できない波。

基本、この手は肯定派だが。
(※なんだって肯定か(笑)HV・EVだって全然OK。買わないけど(笑))

ただ、どの世界にも最大の抵抗勢力はあるわけで
書籍なんかはその類に入るんじゃないだろうか。
というか既に最後の砦か!?

だから昨日ちょっと触れた「いきなり文庫」って企画もででくる。
これは良い傾向。

申し訳ないけれど、読み捨てのものは文庫でいいもの(笑)
くそ重いハードカバーなんてなると絶対買わないし・・・。
逆に売れてるんじゃないだろうか?

グーグルが凄いことをやり出しているみたいだけれど
どの程度までいけるのかは未知数・・・。
また採算が合うのかも未知数。

著作権の期限切れのものから随時だろうけれど
研究などの用途とか以外如何なものか・・・。

で、早速お隣の国ではコピー騒ぎだし(笑)

そうなると出版社や作家、またはその関係の人達は複雑なんだろうな。

お約束通り、ハードの方が騒ぎだして崩れ出しているわけだが
中味を充実されるまでには相当時間が掛るとみる。

村上龍さんが会社を立ち上げたみたいだけれど
あの人のキャラだから(^^;(笑)

正直、本好きな人は文庫程度の大きさのものが一番とおもっていると思う。
いちいちハード(機械)は買わないでしょ・・・。
600円が半値になっても僕は実物を選ぶ。
そのためにあんなでかいipadみたいなものなんて持ち歩けないよ(笑)

ただこれを機会に本を読む人が増えればそれはそれで良いことだ。

一番の問題はデジタル化によるコピー被害なんだろうな・・・。

音楽とかもそうだけれど1/3?いやもっとか?
「ただ」でとられ泣き寝入りみたいだから・・・。


便利になるということは損なうことでもある。

街の風景もどんどん変わる。

最近の地に足が付いていないような感覚はこういう事象の積み重ねから
くるものなのだろうか?

そんな実体感のないものにどう対処できる?


そろそろ真剣に考えなきゃいけない時なのかもしれないですな。
by nexus-blog | 2010-11-22 23:58 | Culture
読了
こんばんは。

連日の猛暑・・・。

なんかこの調子だと9月頃って荒れそう?ですね。

残暑・豪雨・台風・不景気(笑)等・・・。

良い思いはビール会社だけかな?(笑)


昨日急速にペースが落ちていた読書。

やっとのこと「真田太平記」を全巻読み終わった。

9~10巻でクライマックス、11、12巻は余韻でフェードアウト・・・という
物語だったが、初めてのわりには池波さんという著者を楽しめたと思う。

しかし幸村は格好よかったな~
わき役も最高だったし、敵側の描写も見事だった。

物語に引き込みイライラさせるのは司馬さんの方がうまいとはおもうけど(笑)

これでしばらくは戦国物は読まないだろうけれど
節目に相応しい作品でした。

お盆休みに時間のある方は是非どうぞ(笑)


僕の中では空白は「お江戸時代」の真っ盛りだけだが
これは正直あまり興味がない(^^;(笑)

何故徳川時代があんなに続くことになったのか・・・。
これは全て家康が打った楔が効いていて沼に沈むようにずぶずぶと
ゆっくりと・・・というのが悔しいけれど(笑)よくわかった。

何故維新が起きたのか・・・。
これは腐るほど読んできた事柄だし、みなさんもよく知ってい通り。

総括的にみると一番好きなのは秀吉の時代の武将達だろうな~

加藤清正あたりがもっと長生きしたいたらどうなっていただろうか?
なんておもうとぞくぞくしますもの(笑)

でも残念ながらこれは歴史であり、映画とかでないと遡れない事実。

まさに人生そのものですな。

そうおもうと今における政治混乱なんてせこすぎてどうだっていいやと
おもってしまうのは僕だけだろうか?(笑)

小沢さんが家康になれないのは人使いの狡猾さが足りないという
ことだろうか・・・なんて考えちゃったりして。

それを遮二無二蹴落とそうという「見えざる手連合軍」はそんな小沢さんの
何を恐れているのか。

その一点だけは興味深く観察しておりますが。

家康の天下取りの大成は70代。

もうひと波乱あってもいいかも?(笑)
by nexus-blog | 2010-08-05 23:59 | Culture