www.nexus-auto.com
<   2006年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
西へ東へ
こんばんは。

明日からもう3月ですね。
その割には寒いかも・・・
日本海側ではまだまだ雪が凄いみたいだし、
豪雪年と名付けられただけはありますね。


今日はオーダーで頂いていたBMWが京都へと旅立って行きました。
わざわざ年末にお出でいただき、注文をもらった仕事です。
(このお客様は前車もオーダーだった)

僕の中では大体2ヶ月程度をひとつの目安にしているから
そう思うと、ちょうど良いタイミングで見つかったのかもしれない。
「ちょっとそろそろやばいか・・・」と思っていた頃だから(笑)
まさにドンピチャリのタイミングで良い車を見つけられた。

年度末だと翌年度の税金のこともあるし、今回は車検も絡んでいたから
それなりのプレッシャーを抱えて探していた(^^;

僕が乗るならば「ある程度」という尺度でみつけるのだけれど、
オーダーとなるとそうはいかない。
何度かやせ我慢しながら見逃す時のショックとストレスは大きい(笑)
だから太るんだ・・・ちがうか(笑)

多分、このプログを見ていると思いますので楽しみにお待ち下さい(^^

でも今回は万が一気に入らない・・・なんてなっていたら、確実に僕の車に
なっていただろうと思うから(笑)そういう意味ではちょっと残念かも(^^;
なかなかでない車ですから。。。最終ブルーであの内容は。

逆に今回は勉強されられたな・・・探せばあるんだって(笑)
世界は広い♪

ナローポルシェも大阪だし、それまでの北(東)方面の方から
最近は西へとご縁がある。
今は物流が発達しているので全く距離感は感じないが、それでも段取り等に
相当気を使う。
ひとつのミスがとんでもないスケチェンになっちゃうから・・・
今から届けますとかいって飛行機乗れないし(^^;

車も家電みたいに登記関係がなければすご~く楽なんですけどね。。。
国や自治体の税のドル箱だから、この関係は生涯絶対放さないだろうな・・・

でももうちょっと何とかならないだろうか・・・
今時、印鑑証明書等でこんなことやってる先進国ってあるのでしょうか?
車庫証明の制度だって異常ですよね。
ほんと、勘弁してよって感じです。

最近は個人情報保護法というやつで、益々面倒臭さに拍車が掛かっている。
気持ちはわかるんだけれど、処理の方法をもっと簡素にしてもらわないと
これからはそっちの方の仕事に忙殺されそうだ。

4~5台の納車・契約が重なるとパニックになるもの(^^;

明日は定休。
でも家人の送迎で寝坊ができない・・・
ついでにやっとかなきゃいけない仕事もある。

このまま行くとまた近々国外逃亡しかないのかとなる(^^;
悪循環だ(笑)
by nexus-blog | 2006-02-28 01:10 | Cars
100分の3秒
こんばんは。

そろそろ車屋さんにとって恐ろしい時期、「年度末」がやってきます。
良くも悪くも一年の中で一番忙しくなる月です。
自動車税や決算、ひなまつり・・・(違うだろって)等が要因なわけですが
ネクサスは昔からそんなこと関係なく「のほほ~んと」しているので
(ちなみにうちも決算月)世間の波長から思いっきりずれております(^^;

ただ、車屋さんの役所こと陸運局がとんでもない混雑になるので
それを考えるととてもブルーです・・・

もともと気性の荒い人も多い業界ですからね(^^;
書類の期限とかで切羽詰った人などはよく役人と喧嘩しておりますよ(笑)

んっと、今日はトリノのニュースについて。
ご存知のように男子スキーで100分の3秒という驚異的な差でメダルを
逃した件。
昔みたいに人が押すストップウォッチ方式だったら同着かそれ以上の差で
メダルが取れたのに・・・と残念に思っています。

時空間的にわからないですよね(^^; 0.03秒なんて・・・
もうこれは事故だと思うしかなんいでしょう。

前にも書いたように、取れると取れないじゃ天と地ですからね・・・
ほんと、惜しい。いいじゃねーかまけろよっていいたい(笑)

全然違うけれど、F1とかのラップもこういう差の世界ですよね。

人も機械もそれだけ力が拮抗しているということなんでしょうか!?
誰か教えてください(^^;

なんか凄い世界になっちゃったな~とつくづく感じました(笑)

来週は納車に新規入庫・・・色々と忙しくなりそうです。
やだな~(笑)

今日初めて過去を振り返らない男として(笑)何書いたんだっけ?と
履歴を読み返しました。

それをみると、なんとバリに居たんですね(T_T
信じられない(笑)

もう体中が凝ってきて来月くらいにはばっくれか・・・なんて思ってたのに(笑)
そういう意味では、こういうのって必要ないですね・・・
ショックなだけだもの(^^;

毎年この時期の季節の変わり目で体調を崩します。
病院のベットでもいいから寝ていたいと想う僕は変でしょうか(^^;(爆)

なんか疲れてるな・・・書いてることバラバラだし(笑)
by nexus-blog | 2006-02-27 00:26 | Sports
大と小
こんばんは。

最近まじめに車ネタやってますね。
でも、そろそろ飽きてきたので(笑)
しょーもないネタに振ろうかと考えております(^^;
やっぱ長く正座していると痺れてきますしね(まだ3日位じゃねーかって!?(爆)

昨日、左右のハンドルの違いを書いたので、今日は車の大きさの大小に
したいと思います。

最近の車の大きさはメーカーを問わず、特大は大に特小は小に・・・・という
感じで近寄ってきていますよね。

大きなの要因としては、ニーズと技術革新だと思いますが
結局は生活環境等も鑑みて考えると、どの国でも4m~5mの間に
落ち着くみたいですね。

目安としてVWのゴルフをみていると一番わかりやすいでしょうか。
ビートル時代から世界の庶民層に支えられてきた車ですが、
初代(今のルポくらいの大きさだった)から考えると、なんと1m近くも
大きくなった。というか長くなった。

Lボディのクラスでも1mの変化はなかったので、よく考えてみると
これは凄いことですよね。

兄弟が増えたというのも要因だけれど、結局のところは人間が心地よいと
思う居住性というか空間がこの辺を求めていたということなんだと思います。

となると、犠牲になってくるのが、プライベート的に使いたい小粋な小型車
なんだけれど、最近はなんだかしらないけれど淘汰されてきちゃって
いますよね・・・・

歴代の名車と言われる車でも、結局はコンセプトが様変わりしたりして
おおよそ僕らの求めている姿ではなくなってきている。

106だってルポGTIだってあんなに売れたのにである。

僕なりに原因をよく考えると、多分それらは「儲からない」のだ(笑)

メーカーとしては噂になり、話題性が出たとしても、実利が伴わなければ
やっぱ企業の論理で整理されてしまう。
とても断念だけれど、時系列的に見て、あと二世代くらいで
多分なくなってしまうと思う。

簡単に言えば、大は小を兼ねるという感じでしょうか(^^;
とても悲しいけれど、それも進化という形のひとつなのでしょうね。
心広いから僕は何でも受け入れる(爆)

逆に大きな車達も、小さく成りだした。
意味のない大きさはいらないということなんだろうけれど、
これは先にあげた技術革新でコンパクトに作れるようになったのも
大きな一因だろうと思う。

一切合切のハイテクをぶち込んでも5mでほぼ収まる。

これも凄い時代になったもんだという象徴かもしれない。
乗り心地なんか電子制御が当たり前の時代ですからね・・・
このクラスは(^^;


それぞれ解説しましたが、で、何が言いたいのかというと(笑)
昔はそれぞれ個性的な一芸をもった物が存在し、クレヨンみたいな選択が
できた時代が終焉を迎えつつあるということです。

大きさで言えば、最大2m以上の違いがゆうにあったものが、
今は1m前後にまで集約されてきている。

これらの現象というか歴史は、当然だけれど止まらない。
中国が車を作り出したって止まらない。

つまり、僕としてはつまんなくなっていくということである(^^;

まぁ大きさが全てじゃないけれど、毎日、店の段ボール大の寝床で
窮屈そうに、でも居心地よさそうに寝ている馬鹿犬の姿を見ていると
ますますそう思うのである(^^;
あのちょうど良い心地良さはたまんないものですものね。

ミニは残る。あとは何が残るのかは全く予想できない。

いっそ、国産の軽みたいにルールを作れば楽しいと思うのだが・・・
by nexus-blog | 2006-02-26 00:42 | Cars
左と右
こんばんは。

イナバウアーの真似をして体のあちこちから「ボキィボキィ・・・」と異音がした
情けない奴です(^^; 真剣にめまいがしたものな(笑) もうやめよう(^^;

ちょうど新しいR32も出たことだし、昔の質問コーナーの定番。
左Hと右Hはどーよってやつを取り上げたいと思います。
面倒くさいのでザックしとですが(爆)

左H信奉の方には、ある意味ちゃんと裏付けのある方とそうではない方が
存在します。
前者は80年代後期から本格的に(一応)作られたという初期の右Hを
経験された方。
後者はただの見栄(^^; というか「外車は左Hのオリジナルが一番」だと
結論付けている方でしょう。

果たして今はどうなのか。
前者の方で、右Hアレルギーになっちゃった方は(笑)そろそろ試した方が
いいと思います。
確かに80年後半から90年代半ばまでの右H仕様は、正直「かったるいな」
という上で作られていました。
シェア的にもそんなに占めていなかったので、尚の事だったと思います。

ただ、技術の進歩というのは恐ろしいもので、この辺は普及車に関しては
ほぼ解決していると僕は経験上思っています。

昔みたいに何でもかんでも機械自体が大きく、物理的にどうにもならなかった
時代とは今は違います。2センチ平方のチップで自在にパワーを変えられる
わけですからね(^^; エンジンも小さくなり、MTもコンパクトになった。

この流れとあわせるように、欧州車も無理なく金型を作ってくれるように
なり(笑) 特段、その国の交通事情に合わないまま無理に乗らなければ
ならないというハンデを背負うまでには至らなくなりました。

勿論、販売上の戦略で日本の販売店の啓蒙活動もあったと思います。

これらにより、特にスペシャルな車でない限り、必要性がなくなった。

だから、アレルギーは思い込みの部分も多いと思いますので、過去に嫌な
思いをした方は、そろそろ食べず嫌いを直しても大丈夫だと思いますよ(^^;

もうひとつ、大きな問題が実は隠れていました。
右Hにする特有の部品が壊れると、左Hと同じ部品構造なのに価格が3倍も
したりした。信じられないだろうけど(笑)
これは95年前後までの車に多い現象ですが、如何に虐げられているかが
よくわかった頃でした。
生産数によるコストの反映って言っていたけれど全く説得力なかったな(笑)

今はほぼこの問題は解決していると思うので話題にもならないのですが
そういう陰の部分も実はあったのですよね・・・
もう時効だと思うので言うけれど(^^;(爆)


後者の方々は、もう何をいっても無駄なのでそれはそれで良いと
思います(^^;
「オリジナルが一番なんだよ」 そうです。その通りです。というしかない(笑)
何が何でも左だ。
もうこれは信念ですから是非突き通してもらいたい(笑)
教祖としては所ジョージさんあたりで如何しょうか!?(爆)

ただ、スポーツカーなどに関するモデルは、一概に左信奉者の主張はズレて
いないです。
なぜならば、よりピュアに作られている車なわけですから、余計なことはできる
限りしない方が良いと思うから。

そのスポーツカーってなんだってなるとその括りは難しいけれど、
簡単にわかる方法として、そのメーカーが敢えて左Hしか出さないモデル
なんかは拘っている部分が多いのかもしれないですね。

今回のR32みたいに左右がそれぞれ違うパッケージングで出てしまうと
問題はより複雑になりますが(笑)

何で右でMT出さないんだよ・・・右を乗る奴は大人しいと思っているのかい!
って抗議すれば出ると思いますが!?(笑)
技術的な問題じゃないと思いますからね・・・この辺は。

R32も最後までこのラインナップでいくとなると、先代の右H&MTは希少な
存在になるかもしれないですね。
by nexus-blog | 2006-02-25 00:49 | Cars
物色と選択Ⅱ
こんばんは。

そろそろ出ると言っていたVWゴルフR32が正式に発表されましたね。
左2ドア6MT&右4ドアDSGという組み合わせも噂通りだったみたいで
ひとまず安心(半年以上前からそうだと聞いていたから(笑))

価格も先代と匹敵するものに据え置き、VWの現在における立場の戦略が
見え隠れしていて大変興味深いです。

ただ、そのインパクトは先代より正直感じなかった・・・
これも予想通りなんだけれど、致しかたないところか。

現車に触れていないのでまだなんとも言えませんが、
楽しみは後にとっておくということで(^^ 敢えて暫らくシカトします(笑)
(内緒だけれど、もうすぐ、先に出たアウディのA3スポーツバックを入れます。
内緒じゃねーじゃないか(^^; ははっ)

このことは後でまた気が向いた時に触れますね(笑)


で、昨日の続き。

どーやって、この時代の車達を選んでいるか。
僕にも正直わからないのだけれど(^^;おいおい・・・
皆様が思っているような「オタク的」な発想では見ていません。
専門誌を読み漁り、ふむふむ なんて全然していない。
だって時々読むとこのグレード318が最適とか、敢えて斜にとって提案して
いるのを見かけるから・・・。
確かにそれらは一理あるのだけれど、作る側からして本当は何がしたかった
のかが一番大事だと僕は思っているから、果たしてそうなのかな・・・という
疑問をいつも感じてしまう。

読者にとってはとても興味深くそれらを参考にして安くバランスの良いものを
選ぶことができるということになっていると思うので、これは僕の方がちょっと
変わっていると自覚しています。本当ですよ(^^;

だからといって何でもかんでも付いている最上級グレードが良いという見方も
全然していない。
偶々今の在庫がその様な傾向になっているだけであって、高級ということを
特段意識しないで選んでいる。
現時点でメルセデスが一台もないというのが何よりの証拠でしょうね(^^;

要は先にあげた「作り手のメッセージ」と「面白いかどうか」を感じるかである。

集約すると核はこの二点になっている、と思う(笑)

勿論、この核を取り巻く周りの要素が一番大変。
挙げたら切りがないといえる。
色・装備・価格・年式・程度・スタイル・・・・
その下にバーーッとそれぞれの各車についてのチェックポイントがあり、
クリアしたものだけを仕入れている。
変かもしれないけれど、それらの中には「街中でどう映るか」なんてものも
入っている(^^;

そのような要素をいれ取り込んでいくと、大体次のオーナーになる人は
この車だったらこんな感じだろうな・・・というのが不思議に思い浮かぶ。

これは僕独特のインスピレーションなのだろうけれど(笑)
このイメージができないものは仕入れない。
この変な拘りは多分ビンテージ時代の車達を扱った経験からきているような
気がする・・・。ちょっとは役に立っているわけだ(笑)<過去

結果は嘘だろという人が多いかもしれないけれど8~9割はイメージ通りの
方に嫁いでいっている。

明日さえもわからないネクサスに勇気を与えてくれているのは、実はこの辺で
あり、このズレが生じた場合、僕の性格からいって撤収を考えるかもしれない。
売り上げとか利益うんぬんなんか関係ない。
この辺がちゃんと一致しているかの方が全然僕にとって大事である。

上記のように物色して選択してくるものは全く論理的じゃないのだけれど(笑)
不思議かな・・・今まで支持されている、と思う(^^;(笑)

強引にまとめると、僕は皆さんと同じ目線で車達を見ているということ。
この車だったらこの位の価格でこのような内容であってほしい・・・という。
勿論、格好悪くてもだめ、性能的に物足りないのも駄目。
一番の決定打は、「この車だったら僕が買う」ということでしょうか。
ただこれは常套句にもなっている言葉であり、車屋の言うことは全く信用
しないほうがいいですね(爆) いやほんと爆笑だけれど(笑)

その車を何故選んだのかはそれぞれのヒストリーがあるので割愛です。
知りたい方はカウンターに座ってお尋ね下さい(笑)

いや、でも昨日も書いたけれど、最近の車の数は激流ですよね。
これも前にも書いたけれど、今後、僕らの役目は選択肢をわかり易く絞り
伝えていくという要素が多大に増えると思っています。
それがそれぞれのお店の個性となっていくでしょう。間違いなく。

ザルの役目になる犠牲者は少数でいい(笑)

こんな数の中からベストとは何だ・・・なんてわかりっこないですものね。
普通です(笑)それが。

今のベストな選択肢として考えられるのは、数年落ちのバリ物を
買って、リスクなく楽しんで、お金になるうちに売る。
このパターンが一番総合的に見て良い方法かもしれません。

あんまりこういう考え方や方法は僕自身好きじゃないのだけれど、
この手法しか対応不可でしょうね。当分は。

ずぅ~っと同じ飴玉を売れたら幸せなんだけれど・・・
この業界はそんな僕の考えている王道を許してくれないのです(^^;
by nexus-blog | 2006-02-24 01:07 | Cars
物色と選択Ⅰ
こんばんは。

本来はこういうテーマをもっとやらないといけないのだろうけれど(^^;
如何に僕がもがき苦しんで仕入れ等をしているのかをちょっと紹介。

いつもいっているけれど、最近の車の変化のスピードは物凄いものがあって
もう何十年もこの稼業に漬かっているにも関わらず、その流れの早さに正直
かなりビビッております(^^;

勉強とか体験とかじゃ済まないものな・・・ この激流は(笑)

昔は「お宝」というお金では買えない価値のものが存在し、
それらを扱うことを僕は得意としていた。ある意味宝探しゲームだった(爆)
今でも勿論それらは存在しているけれど、5~6前くらいからだろうか・・・
時系列的に見て、それらはかなり苦しい存在になってきたということも
自覚し始めた。

今切り返さないと(とてもとても嫌だったけれど)間違いなく浦島太郎になると。
その時のものと昔の名車というものを乗り比べてその結論に至ったのだけど
「可能性」の問題として、また「実質的な価値」として、90年代半ばまであった
価値観は絶対にひっくり返ると思った。

名車をベストな状態にして楽しむ。
勿論、外車を選択するという捻くれ者にとっては王道だ。
(未だプロフィールで語っている(^^; いい加減直せって!?(笑))

ただ、ベストな状態にするというのは、ある一線を越えていない車をベースに
した話であって、ヘタヘタになっている車から興すのは、普通の人が普通の
経済力でするにはある意味不可能といってもいいかもしれない。

つまり大体は誤魔化しながら名車の感覚を味わうことになる。

その感覚と、その時の近代的な同額の車があったとする。
さて、どちらを選択するか。

これを単に括ろうとしても駄目な事は明快。
細かく言えば、人それぞれであって答えなんかないに等しい。
その人がそれでいいとなれば、それが正解と思うしかない世界だ。

この価値感の変化が今までの(今も)勢力図を一変させた。
老舗だから・・・というのが通用しなくなった。
雨後の竹の子のように入れ替わる業界だから相対的には減っていない
のだけれど、大体の所は僕と同じ心境なのではないかと思う(笑)

また新型がでるのか・・・ である。

ある意味消費する皆様も同じ気持ちを持っているかもしれない。
もう旧型なのかと・・・
ただ、これを堂々といえるのは新車を膨大な金額を出して買った人であって
決してそれらにぶら下がっている僕らは言ってはいけない台詞なのは
間違いない(^^;
でも事実存在しているからネクサスがあり、お客様もある(笑)

結局のところ、新しい感性でどういう物を物色し、選択するかなんだけれど
その一台に凝縮した要素は色々な意味で昔の比ではない。
簡潔に言うと利幅という余裕が全くなくなったのだ(笑)
ひとつ間違えれば「赤字」である。つまり、負け(笑)

仕入れてから直し、仕上げて売る。

こんなことやっていたらもうアウトな世界である。
それにかけた時間や費用が跳ね返ればまだ救われるけれど
時代が進むに連れてそれらはほぼゼロ評価に近いものとなってきている。
つまりギャンブルなのだ。

それでも昔は何でも売れた時代だったから、
どこも潰れたり、なくなったりしなかった。

新しいものと古いもの、両方扱える世界が一番良いのだけれど、
販売を主体としたところでそれを成しているところはまだどこかに
あるのだろうか・・・・

知っている限りでは寂しいけどなくなった。

変わろうとしている人もいたけれど、それまでの価値感を捨て切れなかった。

本意ではないけれど、別の世界の人相手に別の世界の車を扱って
凌いでいるのが現況・・・という報告はちらほら漏れ聞く。

もうあの時代は絶対戻ってこない。
by nexus-blog | 2006-02-23 01:01 | Cars
看病
こんばんは。

今日の休みで、かなり溜まっていた疲れがとれたような気がする。
多分とれたと思いたい(^^;

昨日、犬なれど、されど犬だと書いたけれどその続き。
ここまで長く患った病気がなかったので、今回の病気(膀胱炎)には
心身とも、いや身銭もかなりきっている(^^;

薬を飲み終えて、4~5日目・・・
おっ治ったか!?と思ったら、また血尿が混じりだした。
結構早く対処したのだけれど、一度この状態になるともう大変である。
朝だろうが夜中だろうが、トイレに行きたがる。
行くのはいいけれど一滴しかでない(笑)
そのうち気張りすぎて、うんちもでちゃうし(汚くてごめんなさい)嘔吐もしだす。
すぐに薬を取りに行くが、症状がでてしまうと効くまで約二日間かかるから
それまで目が離せなくなる。完全な看病が必要。
コーギーという犬種は下痢しちゃうとお尻に付いちゃうのでその都度洗わなくて
はいけないので、もう大変である(^^;
これがなかったらまだ楽なのだけれど・・・。

今回はきつかった(^^;
朝五時に起こされるし、寝る前に一時間くらいトイレに張り付いて、本犬が
納得するまで付き合わなければならなかった・・・

ちょうど流し台のあるところにトイレを作ったので(過去の教訓から)
そこにいれば大事にはならない。
が、いなくちゃいけないから辛い(笑)
結構重い犬種なので(14㌔)女性だったらすげぇ辛いと思う。
無理な場合もでてくるだろうな・・・

幸い薬がまた直ぐ効いてくれて3日目には何事もなかったように元気になった
けれど、こっちはどっと疲れが残る(笑)

勿論、犬だから感謝の言葉もない。

ないどころか、「早く楽しませろ♪」と吠えられる(^^;(爆)

猫のたけしはずーーっと15年間医者に掛からず、最後の一年だけ苦労した。
その時を思い出す。とても言えないことまでやったから(笑)<介護

そういった意味ではこの子には色々と苦労をかけられそうな予感がする。
覚悟は出来てるけれど。

でも病人(犬か)に対して言うのもなんだけれど、
一度でいいから「わん♪」という一言だけで人を動かしてみたいよな(爆)
by nexus-blog | 2006-02-22 00:02 | Animal
確定申告
こんばんは。

今日はめずらしく一日雨でしたね。
びしょ濡れになりながら仕事をしておりました(^^;

いや~でもなんだかしらないけれど、今週一週間は長く感じたな・・・
やっと明日定休なので爆睡しようとおもっとります(笑)

そろそろ確定申告の時期ですね。
通勤途中の裏道に税務署があるのですが、なんだか最近えらい混んでるな
とおもったら、申告の時期なんだと昨日気付きました。

当家も家人のひょんなボケから確定申告をすることになりました。
メインは住宅ローンの控除申請なのだけれど、それ以外に医療費が
結構いっているので一緒にすることに。

片っ端からあげれば相当行くだろうと思うのですが、面倒なので
病院分だけ。
病弱の人間が唯一存在感がでるときです(笑) ぼくか(^^;

でもですね・・・我が家の医療費トップは誰だと思いますか!?
もう我が家では基本控除として当然となっていますが(笑)
犬のはなです。
昨年は癌の手術等があって20万近くいっていたと思う・・・

一回位ドサクサにまぎれて医療費控除を出したい気持ちに駆られますが
それにしてもまとまった金額を見ると、心臓が止まりそうになりますね(^^;

これに日頃の餌代とかシーツ代とか予防接種とか諸々かかってくるので
たいした金額になりますよね。
下手すると人間の子供よりかかるかもしれない!?(爆)

ペットを飼いたいと思っている人には、希望を失わせるような報告ですが
え~と絶対に知っておいた方がいいでしょうね。
今は子犬や子猫の時に入れる保険が結構出ているみたいですが、
その生き物を購入する金額なんて、長年付き合っていく上で考えれば
目くそ鼻くそになりますから(笑)

自信のない方は、雀とかカラスと仲良くなるとか、庭に蛙を飼うとかに
しておいたほうがいいと思いますよ(^^;(笑)

あと、ときに体力も必要。
一昨日から膀胱炎の再発で、夜中にずーっとはなのトイレの前で苦しむ犬の
世話をしていました。

それで疲れているのか!?(爆)
by nexus-blog | 2006-02-21 00:01 | Others
なんか変
こんばんは。

トリノ五輪も折り返し、今、大回転を見ながら昔を懐かしんでいます(^^;
若かりし頃、よく仲間と敢えて閑散としたスキー場を選び、レースをして
楽しんだものです。

大回転とか滑降とかは好きな種目の一つだな・・・
時速140㌔くらい出るそうですが、昔バイクに乗っていた頃
その感覚が良く似ていて病みつきになりました。
コブを滑ると翌日の筋肉痛が凄かったので(笑)
ぶっ飛ばして滑る方が好きだった。

最後に行ったのは30歳手前、前後だったろうか・・・
ずぼらな僕は、行きたくなった時、その時の愛車(ボルボ)で軽井沢へ行き、
着替えもしないで(Gパンで滑っていた(^^;)、サッと半日すべり帰っていた。
こんなことを言うと申し訳ないけれど、リフトに乗りながら問い合わせの電話を
取ったりしていた(爆)きゃ~ 今の携帯電話はどこでも繋がると思うけれど、あの頃は
身近な所では軽井沢しか繋がらなかったのだ(笑) (ちゃんと考えていた!?)

まじめに仕事をするようになり!?足を折ったら終わりなので
段々とフェードアウトしていきましたが(本当は体力の衰え(笑))
ボードをはじめていたら、まだしていただろうな・・・

今は夏の海に行くのが精一杯ですが(爆)
こんな病弱の僕にも、そんな過去もあった次第です(^^;


話そうとしていた話題からずれた。

最近、マンション耐震偽装、ライブドア、各種オーマイゴット事件・・・
なんか不穏な雰囲気が世間に流れているような感じがします。
新聞では景気回復とかいっているけれど、また腰折れするような
アホなことを政治家がやりそうで怖いです。

米百俵とか言って何もしなかった小泉さんのほうがまだましだ(^^;

意外とずんっと来ているような気がします<各事件

僕の勘が大はずれしてくれればいいのですが、
嫌な予感がするな~って犬のはなと話しています。
そのレベルの話なんですが(^^;

じゃするなって(笑)
by nexus-blog | 2006-02-20 00:48 | Others
5シリーズ
こんばんは。

うぅ~今日は久しぶりに力仕事をしたので節々が痛いっす(^^;
冬もあっちいけっていってるのに、こっちにきてるしさ(笑)
ぶつぶつ・・・

最近、久しぶりに(といっても数ヶ月だけれど)BMWに縁がきだした。
オーダーでもらっていた車も無事に見つかり(クラスは違うけれど(笑))
クアトロ漬けだって日々を脱している(笑)

元はといえば、5シリーズモデルチェンジが原因。
皆様もご存知のように、好き嫌いが激しすぎるルックスなので、
先代のMスポーツの値段が全然落ちなかった。寧ろ上がった(^^;

新しい5シリーズが良いか悪いかは別として、
先代最終モデルを得意としているうちみたいな店には大迷惑である(笑)

ただ、今回はある意味「もろに変わった」ので致し方ないのかな・・・と
思っていたけれど、こんなに長引くとは思わなかった。
3シリーズのAY20のMTも全くないし、M3はまだまだド高いし・・・
結構ストレス溜まってました(^^;

今回は縁があって、各グレードが三台いっぺんに来たけれど、
このタイミングを失うといつになるかわからないので、計画なんかなしに
衝動でいれた(笑) いいじゃないか信号機みたいでって(爆)
多分、予想するに今後もじわじわとしか落ちていかないだろうと思います。
というか程度の良いものがなくなるでしょうね。欲しいという時にない。
BMWってなぜかそういう運命なんだ、不思議だけれど。

乗っている方がいたら気分を悪くするかもしれないけれど、
新型の5のMスポーツはセダンワゴンともちょっと・・・という感じですよね。
正直に今の僕には「族車」にみえる(^^;
なかったこととして見てみない振りをしている(笑)
あれだったらフルノーマルの方が格好良く見えますよね。

色々なメーカーがこの様にデザインに苦労している。
一寸先はわからないよ・・・って感じですかね(^^;

最近は段々避けて通るのも大変になってきました・・・・
この分だと僕が変わらないとだめなんだろうな、多分。
by nexus-blog | 2006-02-19 00:35 | Cars