www.nexus-auto.com
<   2007年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
一ヶ月
こんばんは。

ここ一ヶ月の激動の中で、変わらなかったもの。
寝る前に読む「飛ぶが如く」(笑)

予想通り、今夜で一ヶ月を経過した。
まだ第七巻の終りの方だから、逆算すると二週間近くは楽しめるのかな。

それとも、いよいよ西南戦争勃発間近だから勢いで一週間くらいで
いけてしまうか・・・。

司馬本の最後として、また幕末~維新の最後として選んだわけだが
やっぱ濃いですね・・・(^^;

遅読に輪がかかって超スローで読んでいるから
尚更、ディープに感じるのか。

レビューではここから楽しくなるみたいだから心配はしていないいが
僕としては「無」からここまで作り上げられる有様の方が参考になったりして。

変革の最後のストレスとして起こる西南戦争と位置づけられているのだろう
という当初の予測を裏切り、実は・・・と下るおちは正直とても驚いている。

西郷隆盛が生きていたら・・・
坂本竜馬が生きていたら・・・

歴史に「もし」はないといわれますが、すご~くみてみたかった気がします。

中がガタガタしていたら外に敵を作れ。

今の時代はそうもいってられないですものね(^^;

でも長い目で見ればそうなるのかもしれないし。

歴史は繰り返す。

ん~繰り返すのでしょうか?(笑)


今日でGW前半が終わる。
明日からは休みのようで休みじゃない休みが始まる(爆)

後半もつか・・・

何が何でも最低でも体調を整えないとですね(^^;
by nexus-blog | 2007-04-30 00:08 | Others
GW
こんばんは。

半年間の休暇も却下され(って自分で判断するわけですが(笑))
そそくさと出社。

昨日の打撲も大したことはなく、無事起きれた。


んが、ベットから降り、左足を着いたとたん「ぐにゃ♪」というなんとも
いいがたい感触・・・ はぁ~とおもいながみるとうんち(笑)
右足を付き拭こうとすると今度は着いた足に妙な感覚。
胃液混じりのゲロだった(^^;

朝から幸先が良い・・・。


R32の納車を終え、一応GWまで予定していた大凡その業務を完了。
一同、ほっ である。


さて、だらけるとか♪と思いきや突撃隊の方々の嵐。

なかなか予想通りにはいかないものですね(^^;


今日からGWに入ったわけですが、当社としては日頃できない細かな
業務を淡々とこなすわけで。

休みの3日間も犬及び自身の病院で潰されるわけで。

なんか気持ちがパッとしないですね~ ぶつぶつ・・・

何かいいこと起こらないかなと(笑)
by nexus-blog | 2007-04-29 00:01 | Others
落ちた
こんばんは。

ただいま体中に激痛が走りながら書き込んでおります。
気が散ったほうが楽なので(^^;

今日は昼間から数年来の胃痛に襲われ、まともに仕事すらできかった・・・
一応誤魔化しながらしたけれど(笑)

医者に行け♪という言葉を背後に、いや~これをやらないと武士として
死ねないから♪とわけのわからない理由で(笑)騙し騙し仕事を続けた。

どうせいったところで胃カメラ見たいのを飲まされるだけだし、
以前また飲むくらいなら死んだ方がましだと宣言したこともあり(笑)
逃げに逃げた。

いや~でも痛かった。。。
最近の心労?がたたったのだろうか。


まぁこれは不幸の序の口で・・・
帰り、昼寝後、はなを抱えていつもみたいに下階に下りる。

途中持ち方が気に入らなかったのか、はなが「くいっ」と体を捻った。
で、僕はバランスを崩し、階段からずり落ちた。

暫らく落下地点で固まる僕。
もちろんはなは無事。抱っこしたまま。何よりもの安堵。

階下に住む母が何事かという如く、やってきた。
物凄いことがしたから・・・・ 
そりゃそうだろう(^^; 見ればわかるだろって(笑)

数分後一段ずつ降りてはなを開放。
僕はソファに倒れる。

負傷箇所確認。
右側の肩・肘・ケツ・膝・足指二本から出血。

コキコキ確認するが折れてはないみたいだ。
ほっ。

しかし、痛い。。。激痛が迸る。

はな、てめ~ といいたかったが、お腹に気を使って変なもち方したから
まぁ怒れない。ブリの気持ちもわかる。

でも、せめて「大丈夫か~!!」といってくれてもいいものを
本犬は足元に転がっているジャーキーを「う うめぇ~」と自慢気に横目で
僕をみながら食べていた・・・・ いい根性だ♪
とてもいい犬を飼ったもんだな・・・(^^;

数年前も階段からずり落ちた。
そのときも脊髄やったか?と思われたが無事だった。

中年の皆様気をつけましょうね(^^;

明日怖いな~・・・・
どこがどう痛くなるのか(笑)

一応、関係者に半年間の休暇届けを出しましたが。

今日は風呂も入らないで寝ます(^^;
はなが無事で何よりでした。
by nexus-blog | 2007-04-28 00:05 | Others
腹巻
こんばんは。

うちのムードメーカーが帰ってきたとおもったら
いきなり忙しくなった・・・。
やっぱり凄い存在感だ(笑)
意外といなくても平気だったりして? おおっと(笑)

夜中に水くれと起こされ、起きたらそこは異次元の世界と化していた。
なにも本当に糞尿まみれにならなくとも・・・(^^;

暫らくこの状態が続くと思われますが、耐えるしかないですね・・・。

腹の真ん中の術跡を保護するため、役員会議で検討する。
なんという会社だ(爆)

結局仕事の忙しさにおされ、どっかにいっちやったけれど
片隅にはあったわけで。

どうみても犬の服を着る柄じゃないし、腹巻なんてないんだろうし・・・
どうせ抜糸までだという事で、自分の服の中から冬場に使っていた
アンダー(ステテコ?)の足の部分を途中で切り、履かせてみた。

絶対怒るだろうな~とおもったら、抵抗せず寝だした。

へ~ 犬らしいところもあるんだと感心する(笑)
10年以上付き合ってて初めて知る(笑)

ということで、傷口防御策は済。

問題は腹を切ったにも関わらず、一度死にそうになったのに関わらず、
散歩をしたがることだ。

動物の習性っていいますが、僕は単に馬鹿なんだとおもいますね。

あともともと体自体が痛点が少なく出来ているときくが、
ほぼ無神経とみた(笑)

家人曰く
「毎年気の遠くなるような費用を掛ければ20年も夢じゃないんじゃないか」
だって。

誰が払うんだい♪

駅前で本犬自ら募金活動させろっていってんだが・・・(笑)


あぁ~でもなんか疲れがでてきた・・・

GWは閑古鳥と予想していますが、布団持っていこうかなと
本気で考えていたりして(^^;

夢の販売体制だな(笑)
by nexus-blog | 2007-04-27 00:13 | Animal
生還(闘病記Ⅵ)
こんばんは。

今日はともかく、爆裂犬はなの退院のニュース♪
意外にも一日早くでてきた(笑)

明日の仕事の都合もあるので、何時頃迎えに行けばいいのかと
問い合わせる。

折りかえし担当医の先生から「実は・・・」と切り出される。

医 「どうもはなちゃんがここ(病院)に飽きちゃったみたいで・・・」
僕 「はぁ・・・」
医 「カテーテルも一日早く昨日抜いて検査も全く問題ないので
   家側の都合がよければ、今日退院できるのですが」
僕 「えっ 何時頃ですか?むしろそちらの方が都合がいいのですが」
医 「夕方以降ならいつでもいいです」
僕 「行きます♪」

ということで、急遽前倒しで一日はやく退院できた(^^

裏返すと「退場」なんだろうけれど(爆)

手に負えなかったんだろうな~ いや~ ぶつぶつ・・・(苦笑)

外出先から会社に帰り、飼育員(H女史)と一緒に(笑)病院へ向かう。

仕事なんてやってられるかって(爆)

店のドアには昔の夏にぶら下げた「今いません♪」という札が
久々にぶら下がったのでした(^^;

迎え、到着。

暫し待たされる。(いつもどおり)

はなが診察室から先に顔を出す(笑)

「おいおい・・」

担当医と執刀医の先生からレクチャーを受け、
手術の写真等を見せてもらった。(ここに載せたかったが)

5/1に抜糸となり、それまで経過を見守ることに。

(余談としてご飯をあまり食べてくれないのと、お腹を壊しているのが
 直らなかったみたいだ。多分環境のせいだろうと判断されたみたい)

今回の件については問題ないでしょう♪という言葉をもらい病院を後にした。

店について、家に帰っても落ち着かないはな。

仕方ないので一緒に寝る(笑)

で、やっともとの姿に戻る。

案の定、シッコを漏らし、尻にうんちをつけて歩き回っているが
それらの処理が苦にならない日がくるなんて(^^;(笑)

しかし、まぁよく生きて戻った。

それだけでも今回はよしとしよう♪ 
もう忘れる(笑)


え~とですね・・・費用はやっぱ腰が抜ける額となりました(^^;

大体一か月分の給与がすっとんだ♪と想像してくれればと・・・(汗)

カードで払ったんだけれど、思わず「リボ払いで・・・」と
言いそうになりましたもの(笑)

凄いポイントが付いてきそうですね。みたかね~って♪
by nexus-blog | 2007-04-26 00:01 | Animal
世界一
こんばんは。

朝早く、家人の送迎につき合わされ、だるだるで始まった休み。
結局帰っても寝付けず夕方まで仕事をした(笑)

今日は思い出すと待ち遠しく感じるので「はなネタ」は無し(笑)


先ほどのニュースで「予定通り」トヨタがGMを抜いて世界一になったとのこと。
同じ国民として喜ばしいことだと思うのだけれど、なんかこう素直になれない
自分がいます。

多分、皆さんも同じ気持ちなんじゃないだろうか。
特に日本で外車に乗っている人なんか(笑)
他の民族だったら大騒ぎなんだろうけれど、変な民族ですよね。
ある意味で目立ちすぎるのもよくないというのがあるのかな~
また標的にされるだけじゃないかと。

原油高のおかげだと理由付けていたけれど、それはまったくの言い訳で
底から上がってくる勢いに打ち落とされたというのが現実じゃないかと
思っております。

資本の力だけじゃどうしようもなかったということなのでしょうね<アメリカ勢
もともとも実態なかったし。

バブルの時、一度その「やり方」を徹底的に叩かれ、勉強した日本勢。

ある意味ではその成果の頂点ともとれる結果だと思いますが
ちらほらと最大の武器といえる「質」に対する不安感があると漏れ聞く。

この世界、一発変なことすれば、一時の三菱みたいになるわけで・・・

一番当人が危機感を感じていると思いますが気を付けてくださいね。
関係者を合わせればどのくらいの人を養っているかわからないのだから。
トヨタ不況なんて起こったら洒落になりませんし。

いや、ほんと、こんなこといいながらトヨタが何を売っているかも
知りませんが(爆)これからも頑張って欲しいと思います。

不思議ですけど僕の中では全然矛盾しておりません♪
次世代の車を開発するという責務の先端を走るということさえしてくれれば。


全然話は変わりますがアメ車の凋落を象徴する車達が今日本で受けている
と感じ取っています。全く無責任に。
ハマーなんかにはよく出会うし。

それを感じ取ってかダッジブランドが独自の販売網で復活するとか。

僕が頭を打たない限り、うちでは扱わないと思いますが(笑)
でも良さも知っているので、これらの価値観の多様化には大賛成です。

やっぱステッペンウルフとかかけて、ワイルドに行こう♪って乗りも
モーターワールドには必要だと思うから。

前に変なケーブルTV?で印象的なインタビューを耳にしました。

車で何百万㌔走った愛好家が

「僕は電車や飛行機が嫌いだ」
「それは管理を意味しているから」
「車とは自由を象徴する典型的なものだ」

だって。

なかなか言えるものじゃないですよね(^^;

さすがアメリカ人だ(笑)
by nexus-blog | 2007-04-25 00:03 | Cars
面会
こんばんは。

今日はオールロードを名古屋に送り出し、雑多な仕事を片付け
会長(はな)の見舞いに出かけた。

事前に病院から電話が入る予定だったが、すれ違いで連絡が取れず
そのまま出向くというアポを残し、家人と向かう。

一般病棟に移された「はな」。
予想通り、到着接見後、猛抗議を受け(笑)たじろぐ(^^;

「てめ~ このやろう~ こんなところにおいていきやがって~」
「だますなってーの」
「周り知らない人ばかりだし いつも喧嘩売る犬猫ばっかりじゃねーか」
「まぁそれはおいといて、このメガホンみたいのとってくれよ~」
「うざったくてしかたないからさー もう絶対かまないからさ~」

たぶん、そういっていたと思う(笑)

もっとゆっくりするはずだったが、見るに絶えず、早々と退散する。

家人と「来なきゃよかったね・・・逆に期待させてかわいそうだった」と
言い合い、かなり後悔する。

結局のところ、先生と話し合い、予定通り、癒着の確認の取れる
一週間後(今週の木曜)に退院ということになった。
ここまできて一時的な情でリスクを負う意味ないし。

検査の結果も良好みたいだから、もう安心だろう。

夜にはまたスイートルームに移してくれるみたいだし・・・
(これには恐縮するのみです・・・)

しかし、社会的に協調性のないのやつはこまりますね(笑)
変なところが自分と似ているな・・・と困っております(^^;
騒いでいたの、はなだけだもの・・・ 
他に「おひとり」だけいたけれど、例外は必ずつき物なので。


そんなことより、一般病棟の他の動物達の深刻さに圧倒された。
何匹くらいいたのだろう・・・ 50匹くらいかな・・・

とりつく島もない状態で多分ここに来た彼ら。

それでも、高度な医療により治療されているだけましと思えばいいのか・・・
なんか複雑だった。

そんな彼らのオーラに押されてか面会も五分くらいで済ませた。

紹介されて身を寄せているここで、最新設備というふれこみを
聞いたが、それでも人間様と比べると天と地であった。

ここでもお医者さんの人手不足があるみたいだが
正直、改善の余地はまだまだあると思いました。

セレブご用達の病院も多々あると聞きましたが
動物ファンとして全体的な底上げを望まざるをえないな~
なんて感じたりして。
解決は保険制度の充実なのでしょうね。


本業の方ではやっとGWの休みを決め、体制の準備に取り掛かる。
ドタバタしながも仕事はしっかりということでバリ物を仕入れることができた。
(病院に向かいながらオールロードの商談してたりして(^^;)

とりあえず木曜日は空けておかないといけないので
明日は定休だけれど仕事かな・・・と考えております。

いや、ほんと二ヶ月ぶっ通しはかなりきついっす♪
by nexus-blog | 2007-04-24 00:04 | Animal
選挙
こんばんは。

はなの容態は先ほど電話があり(夜11時)下痢っぴしている以外は
元気とのこと。(よく下痢するのでそれは通常かもしれないと告げる)
退院もリスクを考えると微妙となり、明日は面会だけとなるかも。

ただ、わがままな人みたいにVIP待遇されているみたいなので
それだけが気にかかる・・・
非常に申し訳なく思い、家族として情けない(^^;
それに値する全く価値のない犬だからな~

場合によっては恥ずかしくて連れて帰ってくるかもしれない(爆)
管ぶら下げて(笑)

生死を彷徨い、死ぬまであのキャラのままでいくのかと思うと
ある意味根性あると思うが(笑)


今日は色々なところで選挙が行なわれているみたいですね。

あのやかましい街宣車がいなくなってくれると思うと、ほっとします。

あれって効果あるのでしょうか?
要検証ですよね。

それにしても区議、市議さんになりたい候補者の数って
半端じゃないですね。

前に、選挙者ボード?をぼぉ~と眺めていたけれど
知っている人はひとりもいなかった。
当たり前か。いや、まずい?

選挙のことは全く詳しくないので、どのくらいの数をとれば議員になれるのか
しらないけれど、あの人達を何を基準にどう選べというのか・・・
真剣に考えて投票している人の数って何%なんでしょ。

諸々の時勢の変わる中、歪が生じているようにみえるのは僕だけでしょうか。

これらのことは一番候補者の人達がおもっているのでしょうけど。

もっと効率的に効果のある民主主義ができるようになればいいですね。

政党には僕みたいな無党派無責任層には一番引っ込んでいて
もらいたいのでしょうが(^^;(笑)

そう感じたので投票には行きませんでした。
わんわん♪

その前に投票用紙きたっけ!?(^^;
by nexus-blog | 2007-04-23 00:02 | topics
束の間
こんばんは。

今日は会長(はな)の激変もなく、最近では一番平和な日だった(笑)
明日、以後どうするか連絡がある予定なのでどうなるにせよ
頑張らなくては。


最近、頓に?僕の動物看病の噂が伝わってか(猫からですからね・・・)
「獣医さんになれば天職だったのにね~」と言われる。

昨日家人からも言われた。

それは「とんでもない」である。

多分、責任感の元、すぐに精神病になってしまうだろうし(笑)
あとやっぱり色々な背景を聞いてしまうと報酬を取れないかもしれない・・・
と思うから。

僕自身は自営をやっている立場なので、よく理解しているつもりですが
一般の方だと「げっ」と引いてしまう場合も多いだろうと思う。
特に難病にかかってしまった場合など。

前にも書いたけれど、今ではペット保険が本格的に普及しだしている
みたいだし、昔ほど双方共に事情は違ってきているとは思うが。

上記理由以外にも、たった一匹でこんなに振り回されているのに(爆)
おこがましいにもほどがありますよね(^^;


せいぜい関係職種でできかな~と憧れているのが飼育員。
場所は動物園だろうがセンターだろうが、アマゾンだろうがアフリカだろうが
どこでもいい(笑)

これは根性も必要だと思うので案外向いているかもしれない。

事情が許し、行けといわれれば明日にも行くかもしれない(爆)


所謂古今のペットブームは今後も増大こそすれ、廃れることはないと
おもうが、反面、僕が今置かれている現状みたいになることに
何人の人が覚悟しているのかという疑問もある。

よく「家族だからね・・・」と抽象的に表現されるが、
だったら最後までやれよなとおもう。
きつい言い方ですが。

確かに高額医療費という壁はあるが、それは踏み絵であって
見捨てる口実にはならないだろう。
付き合う期間を考えれば養子をもらう覚悟に匹敵するでしょうね。

子供だろうが犬猫だろうがじいさんばあさんだろうが放蕩息子だろうが
山姥娘だろうが、家族は家族である。

自分だけ癒されたいという気持ちだけでは乗り越えないかもですよ~

と、脅かしたりして(^^;(笑)

もっと多角的な意味で成熟した社会制度が進むといいですね。
(飼う側、直す側、政府&自治体、関連企業体等)

「命」というものを扱う事柄だけに、いち動物好きの立場の人間として
切に願っています。
by nexus-blog | 2007-04-22 00:03 | Others
地獄から天国(闘病記Ⅳ)
こんばんは。

今日も反則の書き込みです(^^;<只今夜11時15分
多分アップされている頃には爆睡していることでしょう(笑)
最近の人生の中で一番しんどかったかもしれない一日でした。


ことの発端は家人が、はなの様子見のため病院にアポを入れた後に起こった。
その様子をなんとなく聞き、僕は出社。

と、五分後、家人から携帯に連絡が。

「はなが~ はなが~・・・」という泣きじゃくる声。

落ち着けと怒鳴り、どうなったんだと聞く。

どうも急に呼吸困難に陥り、危篤状態に入ったとの連絡が入ったみたいだ。

スカーンと頭が真っ白になり、Uターン。家人を迎えに行き、即病院へ。

泣きじゃくる家人を横に、自分で確認の電話を入れる。

どうも、ここ30分で急に容態が変化したらしい。

「とにかく向かいます」といい、族以上の運転で飛ばす(笑)

駆けつけるとはなはICUの治療台の上にいた。

麻酔を掛けられていて、もちろん意識はない。

どういう風になったのかという経緯の説明を受け、危険な状態だから
気管に直接チューブを入れ、人工呼吸器にかけるとこのこと。

その作業をそばで見守る。

朝の9時までは元気だったが、急におかしくなったらしい。

予想に反して昨日もよく寝なかったらしい。

その傍らで主治医にレントゲン等を見せてもらい右肺の機能が
殆ど死んでいて、このままでは自己呼吸も困難だが(C02排出できず)
肺炎になる危険性大とのこと。


そうこうしているうちに人工呼吸器で落ち着いてきた。

20分ごとの短期麻酔をかけられ、苦しそうだ・・・


合間を縫って担当の研修医の先生と、はなの癖、環境のことを
レクチャーする。
ヒントになればとおもって。

とりあえず安定したので邪魔者は退散し、電話での連絡を待つことにした。

「IF・・・」の状態が続く。

何もなければ明日連絡を入れるという約束をした。

んが、帰ってからも落ち着かない。みんな上の空(^^;


さて帰ろうという矢先、電話が鳴った。
「04・・・」、すぐに病院からだとわかった。
凍りつく。

覚悟をしてとると、「悪い報告ではありません」とはじめにいってくれて
緊張の糸が解ける。

その後容態が安定し、管も取れたので来れたらすぐ来て欲しいとのことだった
ので、考えもせず「すぐ行きます」と応答。

関係者皆を乗せ駆けつける。
夜の8時を回っていた。

到着すると、「いつものはな」がそこにいた。

完全に復活したらしい。

ちょっと受付で「準備しているのでお待ち下さい」といわれたことが引っかかり
待たされたのだが、なんと特別室(土日使わない部屋)を用意してくれていた。

僕のレクチャーを酌んでくれたみたいで非常に恐縮する(^^;

暑いのだめ、犬だめ、狭いところだめ。。。。

全部クリアーしている環境・・・・というか、こんなことあっていいのかという
対応をしてくれた。

そこで面会がてら色々と説明を受け、経緯を聞く。

僕の言っていたことを振り返り、今回の発作?も環境が一番の原因だと
おもったので・・・というお言葉。

再度恐縮する(汗)

はなは傍らで吠えている。

遠慮しながら、「先生、多分彼女は水をくれといっているのだと思います」と
伝える。

主治医の先生と麻酔後すぐということもあり、相談していたが結局ちょっと
だけもらえることとなった。

一気に飲み乾すはな(笑) 皿のそこを舐め、もっとくれ♪とせがんでいた。

さすがに却下され、興奮させないよう我々は退散。

いや、ほんと地獄から天国の一日でした(^^;

帰り際主治医の先生から管短くして帰したら?といわれたが
さすがにそれは却下され(まだ安定しているとは限らないので)
月曜日に安定していれば異例ではあるが退院させることとなった。
(向こうが手に負えないという説もあるが(爆))

バイパスの管からでてくるおしっこはオムツ等で対処するということと
なりそうだが、そんなことどうだっていいやと(笑)

これ以上迷惑を掛けられないし、はなを知っている人が回りにいたほうが
全てにおいていい結果になりそうだとも思ったので。

木曜日にはその管も取れるのでたかが3~4日のこと。

しっこでもうんこでもこの際なんでもいいよと(笑)
(全く対処方法は白紙だが・・・)

まったくもってお騒がせな犬だ。

しかし、運を持っているやつ。

この闘病記はかなり続きそうですな(^^;

頑張らせていただきます(笑)
by nexus-blog | 2007-04-21 23:26 | Animal